GoTheDistance

ござ先輩と言われています。(株) クオリティスタートという会社をやっています。

単価こそ弊害の元

結構極論です。

システムの構築費用の方程式は、小学生でも計算できる単純なものです。

「システムのお値段 = 単価×人数×期間」

以上。

ここで問題です。

お客様が最も削れると思いやすいのは、単価、人数、期間のうちどれ?
元請けが最も削れると思いやすいのは、単価、人数、期間のうちどれ?
そして最も削られると儲からないのは、単価、人数、期間のうちどれ?

で、それを削っていくと、当然ながら原価比率が上がるのでGPが減る。みんながみんな薄氷を踏むGPで受注すると、10コの案件で1コでもこけると全体として赤になったりする。

このスパイラル抜けるためには、魔人ブゥを倒せるほどの元気玉を作る必要があります。