GoTheDistance

ござ先輩と言われています。(株) クオリティスタートという会社をやっています。

技術力のないSE(2)

下記エントリのこの記述がひっかかった。

技術力のないSE(2)

昔を懐かしんでも仕方がないが、SEやプログラマは、かなり割りに合わない仕事になりつつある。いや、正確に言えば、かなり二極化が進んでいて、一部の人にはオイシイ仕事、その他の人には相当厳しい仕事になってきた。

割が合わないのはこの業界で頑張ってれば一度は感じるはず。私も感じている。端的に言えば、求められる責務に比べ給料が安いから。

中途半端な思い入れやモチベーションではプロのSEとしての仕事はできないんだなと、最近ひしひしと感じる。退職する人も後を絶たないし、残っている人は残らざるを得ない人か、本気でシステム開発が大好きな人か、惰性でやってきて特にキャリアチェンジを考えていない人が多いかな。

が、やっぱりSEのように個々の能力が相当ものをいう世界は、

「Up or Out」

これが現実だと思う。

で、結論としてこの一文。

要は、SEの仕事が相当コモディティ化していることだ。

コモディティ化から脱却するためには、相当個人ベースの努力が求められると思う。ドロップアウトという選択肢もアリっちゃアリ。