GoTheDistance

ござ先輩と言われています。(株) クオリティスタートという会社をやっています。

垂直的なイノベーション

任天堂の岩田社長がこんな事をおっしゃっていました。E3というイベントでのスピーチより引用。

メディアブリーフィング 社長スピーチより

この業界では、いつも同じ方向性での改善が試みられてきました。それは、「もっと凄いゲームを作る」という方向性です。しかし、ゲームを辞めてしまった人や、ノン・ゲーマーの方にアプローチする為には、「もっとすごいゲーム」はほとんど無力です。

そこで、人とゲームの関係を変えること、すなわち、ゲームのコントローラインターフェースを刷新することが、論理的だと考えました。このアプローチにより、もっと幅広い層の顧客に訴求でき、コア・ユーザーの方にも魅力を感じていただけると思います。

「いつも同じ方向性」というのが肝です。

私は家にプレステなどを一切持っていない「ゲームを辞めてしまった人」です。「もっと凄いゲーム」という方向性についていけずに、ドロップアウトしました。操作性が変わる度に新たなテクニックを覚えなきゃならないのが実に苦痛。バッドノウハウとはこのことですよ。初めてプレステを触った時に、ボタンが8つもあるのかよ!って思ったことを今でも思い出します。スト2とかで強パンチとか出せずムカついたし。

こういった私のようなドロップアウト組に目を向けた任天堂岩田社長の眼力は素晴らしいです。コンテンツはあくまで機能美的な位置付けで、やっぱり王様はUIなんだなって思いました。ゲームの場合はCIになるのかな。