読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GoTheDistance

ござ先輩と言われています。(株) クオリティスタートという会社をやっています。

2008年をゆっくりと振り返る

今年は激動の1年になったなぁとしみじみ思います。理由は、表に出るようになったからに尽きます。

1月〜3月

第2回BPMオフを自社で開催したり、java-jaの賛同者に名を連ねたり。

昨年12月にTwitterやらスーツのエントリやらで、引っ張り出されるような形で表に出るようになった。

この頃はコミュニティに何にも考えてなくて、よくわかんないけどやれる立場にあるならやってみるか、という気持ちだけで動いていた。

USTでにぽたんと数年ぶりに再会したのもこの時。その半年後に同じイベントに出るなんて思ってもいなかった。

4月〜6月

過疎化著しい197Xsの第1回LTパーティーをやった!それなんてjava-j(ryとか言わせない!

まなめ王子と萌やし祭りでお会いした!お台場かなり寒くて困った!

過去最大の祭りに発展した結婚的な何かのエントリを書いた。

なんであんなこと書いたんだろうと思うけど、きっと自分が納得したかったんだと思う。

もうこれ以上のことは絶対に書けないと思い、軽く燃え尽きた。

これを読んで僕を知った人と、それより前に僕を知った人では、印象がずいぶんと違うっぽい。

4月〜5月は今年で一番アクセスが多い時期で、色んなフィードバックに対してうまく対処できなくなった。それで、3日ばかり閉鎖したこともあったなぁ。

閉鎖した翌日にjava-jaが「春の卑猥なパン祭り」を開催していて、ほんとこいつら・・・って思った。

で、6月末で今までやっていたプロジェクトが終わった。おつかれさまでした。

essaさんに英訳頂いたのもこの時。ほんとこの3ヶ月はBlog充。

また、この頃にはてブで大ブームとなった「10年泥」の議論が活発になる。これがきっかけで未来サミットにつながった。

7月〜9月

夏ごろから脅威のオフ充のターンになる。チャネルは全部Twitter

ぐりさん、まなめさん、タケルンバさん、らぶちょこ姉さんと初めてお会いしたのが今年の7月。

dropdbやべにぢょさんと会ったのも7月。

多分7月だけで30人近い人に会った気がする。ほぼ毎日誰かとご飯食べていた。

バキニゲされたのも実はこの時期だったりする。

タケルンバ卿の「発言を額面どおりに受け取る」というエントリに感銘を受けて、結婚エントリと同じぐらい気持ちの乗ったエントリを書いた。

社交辞令の効かない会に社交辞令の効かないエントリを書いて入会を表明。

おかげさまで大ヒット。タケルンバうめぇwww

そして、エンジニアの未来サミットの開催。

色々反省点はあるものの、開催できたことが嬉しかった。形を残せたことに強い意味を感じた。また、やろうね。

開催直後に受託開発についてエントリ書いたら、ひがさんが拾ってくれたのをきっかけにWassrとはてブで同時に祭りになった。おまえら大好き。

膝枕写真だけでホッテントリに入ったのは、きっと僕だけ。ネット芸人として確かな1歩を踏み出した。

「自重はダークサイド」がどんどん前に出て行ったのもこの時期から。

197Xでid:n_shuyoさんが書いてくれた「ござ先輩」がひとり立ちした。まさかこうなるとは。

リアルとネットが同じベクトルに向くと、人生にブースターがつくみたいです。

10月〜12月

迷いっぱなしの時期だったなぁ。

この頃に僕なりに結構大きな決断をして、絡まった糸をブチ切ってみたいはいいけれど、UP&DOWNの繰り返しで。

理由を求めている自分に「要は勇気がないんでしょ」状態。

そんなのもあって、エントリの内容もBlogや考え方をテーマにしたものが増えた。

2007年までは技術・業界ネタしか書いていなかった。今年から、軸はぶれないように枠を広げる試みをした。

最後の砦(って書き方でいいのかなw)である、iGirlのあさみさんともお会いできた。トナカイ最強伝説。

シュンポシオン横浜にもお邪魔した。

残念ながら、クリスマスはタケルンバと中華になってしまいました。

昨年のクリスマスは、り・・・の余波で落ち込んでいたのでロンリーでした。

来年はミソジーになっちゃうので、そろそろ本気出す。

謝辞

gothedistanceとしてお会いできたみなさん、ほんとお世話になりました。

空気読めない僕にお付き合いくださり、ありがとうございました。

1年を振り返って、僕なりに僕の責務があるんだなってことを感じてます。

来年も変わらぬ叱咤激励のほどをゆるふわでお願いいたします。

ござ先輩より