GoTheDistance

ござ先輩と言われています。(株) クオリティスタートという会社をやっています。

デイドリーム・ビリーバーになりたい

キヨシローが他界してしまった。

癌というのはリンパまで逝ってしまうと両足棺桶に突っ込んでしまったようなもので、けっこうな確率で死に至る。覚悟はしていたけど、やっぱり寂しい。

圧倒的な歌唱力と、日本語をロックのリズムに乗せられる絶大なセンスと、どこかに母性に近しい優しさを内包している歌声が、すごく好きだった。彼のビブラートは絶品だ。最高のボーカリストの一人だと思う。

色々名曲はあると思うけど、僕が特に好きなのがデイドリーム・ビリーバーのカバー。というか、完全に別物になっている。この動画の4分10秒ぐらいからはじまる。原曲とは意味合いが違っているけど、自分の物語に変えて歌っているのが超絶カッコよくて目にも心にも染みる。

この歌は、明らかにキヨシローからの最愛の女性に対するメッセージだ。多分、生みの母と育ての母に贈られた曲だと思う。故人に向けられている。

この歌には、僕が「デイドリーム」を信じて生きてこれたのは、あなたのおかげなんだよっていうメッセージがにじみ出ている。歌詞を読まなくてもそういうのが伝わってくる。そういう声を歌で伝えられるキヨシローがかっこよすぎるし、同時にすごくうらやましい。

デイドリームにはいろんな意味が含まれている。自分の「夢」であったり、あなたがいてくれたことに対する「夢心地」であったり、共有した時間であったり。

そういったものを信じさせてくれて、ありがとうって。

僕には力が足りなくて出来なかったことが多すぎるので、この曲を聴くと慙愧の念に近しいつらい気持ちも出てくるけど、僕もデイドリームを信じて生きていって、とびっきりのマイノリティになって、自分の目の届く範囲でデイドリームを与えられる側に回りたい。

みんなもデイドリーム・ビリーバーになろうぜ、ベイベー!

D